スポンサーサイト

  • 2011.08.05 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    girlieloungeさんの靴が到着しました

    • 2011.05.21 Saturday
    • 15:31
      4月に予約していた靴が今日到着した。




    かわいい。

    カワイだけではなくて履き心地の良さもすっごく良い。



    最近私は紐靴が好き。

    可愛くもかっこ良くも履けるから。

    靴下とも相性良さそうだし、パンツやスカートにも。。。

    久しぶりに自分にしっくりなじむ靴に出会えたぞ。






    イイダ傘店の展示から西荻ギャラリーmado...歩いて岐路につく

    • 2011.05.07 Saturday
    • 17:24
     29日の祝日は、仲良しの友人と息子と蔵前へ


    大江戸線をおりてすぐ近くの公衆トイレがお洒落すぎてビックリ。



    目的。

    アノニマスタジオでイイダ傘店さんの募金企画の展示を見るため。




    外観が私好みで。




    イイダ傘店の日傘展は3月に開催されていたのですが、今回は震災の募金企画と言うことで、ファブリックパネル、ポストカードセットの売り上げの全てを募金すると言うことだった。




    私はポストカードと、三角の新柄のバックを予約して来た。

    色んな柄のポストカード。一番手前はご飯、のり、うめぼしの柄。

    何とも可愛いではないか!!


    アイススティックは来場者に配られバニラの甘い香りつきだった。

    こういうチョッットした所がお洒落だな、と感じた。






    ランチは東神田にあるフクモリへ。



    久しぶりに外食で、美味しい、私の好みだ!

    と言うご飯だった。

    デザートにプリン


    絡めるがほろ苦く、プリンは滑らかで何とも絶妙。


    なんでも美味しい。

    友人との会話も楽しみ至福の時だった。



    ついでなので、隣のビルのチェドック、マルクトさんなど覗いてみた。




    人生初の...





    リンタロウがクルテクに惚れた。

    黒くて目がぱっちりで、モグラで、何がそんなに気に入ったか分からないが何かいいらしく

    ぬいぐるみなんて一度もほしがったことがないのに、欲しい、欲しいとその場を離れず。

    困っていたら、お店の方が写真をとっても良いと言うことだったので撮らせて頂き、

    ぬいぐるみは諦めさせようと試みた。



    失敗。



    欲しい物は欲しいと言われ、買わないと言えばふてくされる。


    その様が私の行動にそっくりで笑えた。


    でもここは私も引き下がることなく、ぬいぐるみは諦めさせた。


    それなのに自分には伝票を購入。


    その後友人とは新宿で別れ、私は西荻窪へ向かった。

    ギャラリーmadoさんヘ直行。

    気になっていたgirlieloungeさんの靴の展示会がウサギと散歩が開催中だった。

    あまり利用出来ていないツイッターで靴のことを知り、何ともいいタイミングで展示会があるのが分かれば行かない訳にはいかない。


    開場にはおそらく店主もいらしていたはず。

    だけど緊張で声はかけられず、ただクルクル靴を見て回り、かなり挙動不審だった気がする。

    靴はどれも本当に可愛くて迷ってしまう所だが、

    皮にしなやかさや、飽きのこない形がすっごく気に入ってchaiと言う名前の靴を注文。


    6月に届くのが今から楽しみだ。




    私の楽しいことばっかりの一日になって、息子には申し訳ないので


    鬼ごっこや公園であそびながら歩いて家まで帰った。



    30分以上は歩いたな。

    よく頑張ったぞ!!


    買い物日和の一日が終わった。


    満たされた。



    写真家ももちゃんの展示から手紙舎の紙ものまつり

    • 2011.04.29 Friday
    • 23:31
     気がつけば今年も4月が終わろうとし、なんだかんだ忙しく家からでもせずにいた数ヶ月。

    ぱたっと、仕事が一段落して、ボーーーーッとしたいが沢山何かを見て感じたい衝動に。

    ちょうど友人の展示、いってみたいイベントが沢山あったので行ってみることにした。

    一人で行くつもりが、息子もお休みにしちゃったよ。




    モモセヒロコ 世界/泣きながら咲いている




    ももちゃんは学生時代の友人で、本当に天才肌。



    こんな人に出会えて良かったと思える人。


    今は写真家として活躍されている。

    久しぶりにゆっくり写真を見てやはりため息もので素晴らしかった。


    全ての物には取り巻く世界があって、命があって、終わってゆく。

    写真の持つ色、空気感、ももちゃんの映し出す世界がまだ残像としてとどまっている。


    銀座で働く友人も見に行ったようで、純粋で狂気じみた写真と評していた。


    納得。

    うまいことを言うな〜っともった。






    その後有楽町までてくてく歩く。

    なんと那須塩原から観光アピールのためアルパカさんが来ていた。



    可愛い!!


    ちょっとした一息になってくれたアルパカさん!ありがと。




    お次は、手紙舎さんの紙ものまつりへ




    銀座からつつじヶ丘とかなりの移動距離。

    しかも一度も行ったことのない土地だし、ちょっと道に迷って遠回りしてしまった。

    4歳の息子はやっぱり疲れてぐたっとして来た。


    団地の川縁を二人でずっと歩いて、歌ったりするも公園をスルーされてひたすら歩くのにはママばっかり楽しんで!!

    なんていわれながら目的地に到着。



    平日に行ったのにも関わらず沢山のお客さんがいらして、可愛い紙ものを見つけるのに奔走していた。

    私もその一人。


    色々買っきた。

    どれを買おうか迷うくらい素敵な物があったよ。



    私は海外のラベル、作家さんの包装紙など購入してきた。



    袋にさりげなく留められたしおりも可愛かった。




    息子は紙の工作所のりくの白黒動物に釘付けだったので購入









    途中下車していっぱいひっかけた居酒屋さんにて直ぐに組み立て、

    更に積み木のように積み上げて楽しんでいた。




    よく歩き、移動し、良い物を見た楽しい一日だった。













    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    WEB SHOP by sayasans

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM