スポンサーサイト

  • 2011.08.05 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    成り行き任せのGWその2

    • 2011.05.09 Monday
    • 02:16
     翌日は、5月5日でどうも帰省ラッシュ。

    東京に戻る新幹線は終日満席。従妹は何とか取れたサンダーバードのグリーン席で富山へ。

    自由席なら立っても帰れるのだが、あまりの人込みと疲れにこの日の帰宅を断念。

    せっかくなら京都観光も少ししたいし、会いたい人も居た。

    ビジネスホテルが取れたので、京都に一泊することにした。




    駄目元で連絡をしてみると、ちょうど休みが取れると言うので翌日は半日観光に付き合ってもらた。


    町を一望出来る京都タワー


    実は始めてのぼった。




    シュールだな。





    バスで三十三間堂




    1001体の観音像に怖がるかと思ったら、ニコニコしながら息子が言った。

    みんな、食いしん坊だね。

    お口の周りに沢山あんこつけてる。

    あっちの人は頭にまであんこがくっついてる!!


    本尊千手観音像を見ては、両手に骨もってるーー!すっげーーーっ。

    と子供が見るとそんな風に見えるのかと驚く発言に笑いをこらえるのに必死だった。



    ツツジもきれい。






    清水寺


    胎内巡りも始めて体験。




    お昼はおそばと湯豆腐







    湯豆腐がすっごくおいしかった。




    年を重ねるとお寺、仏像巡りも面白く、もっと色々見て回りたいなあと実感するが、
    帰る時間もあり、お寺巡りはこの辺で終え最後はどうしても来たかった場所へ。。。



    グリセリン作家のtaecoちゃん

    アクセサリー作家さんと結婚なさり3月にお店をオープンされた。



    案内を頂いていたので是非一度言ってみたいと思っていた。

    はらドーナツ2階がそこ。





    木の温もりにあふれた店内にtaecoちゃんが手を入れたドライフラワーが飾られ

    何とも癒しの空間



    そこに個性のある、だけどさりげなくて、繊細なアクセたちが。







    ディスプレイも素敵だった。



    私は気に入ったネックレスを購入。



    久しぶりに会ったtaecoちゃんは昔と変わらぬ優しい笑顔に包まれて

    忙しなく来た旅行の経緯も微笑んで聞いてくれた。


    楽しいひとときだった。


    ありがとう。




    着替えも持たず何の計画もなくのGWも最後がよかったので満足で終了。

    めでたしめでたし。











    のはずが、疲れが出た息子。

    高熱につきしばらく保育園はお休みになりそうだ。


    そんなこんなで夜中に沢山更新してまた、しばらくは何も更新しないことでしょうな。







    成り行き任せのGWその1

    • 2011.05.09 Monday
    • 01:58
    従妹がGWに東京に遊びにくると突然決定。

    その日は、昼頃到着したので明日沢山遊ぶ為にゆっくり家で休もう。

    という事になり早めの家での宴。



    酒豪の従妹と飲めば、同じペースで自分も飲む。

    たわいのない話でも盛り上がり、泣いたり笑ったりした。

    何の流れでそうなったか?
    今でも分からないが、突如翌日は妹の居る滋賀へ行くことが決まっていた。


    二日酔いの二人の足取りは重いが、約束は約束とよくわからないままチケットを購入、滋賀へ行った。

    妹にしてみても何故今来るのか不思議がる。


    それでも切迫早産で2ヶ月以上の入院生活が解け、自宅で安静にするに至った妹を労いたかった私と従妹。


    直接会って元気づけたいと思って遊びに来たのだろうと、汲み取ってほしい。

    結局又、従妹と私は懲りずに沢山飲み明かし二日酔いになったのだった。


    松本でみつけた素敵な作家さん

    • 2010.06.04 Friday
    • 10:58
     松本に遊びに行って気になった作家さんの紹介をします。

    ようさん工房

    ようさんはモモちゃんの妹さんです。


    P1030760.jpg



    P1030948.jpg

    中町商店街の2階に工房を構えるようさん。

    普段は作業場、予約制でお店を開けているそうです。

    洋服から小物類まで全てを一人で制作しています。

    クラフトフェア中は工房を開放しておりたくさんのお客さんが来店され、ほぼ洋服が完売に近い状態でした。

    P1030933.jpg
    ウサギのバック。

    好きな生地を持って行けば予約制で作ってくれます。
    シリアル番号が入るそうです。
    P1030754.jpg

    動物ストラップ可愛くて、ウサギを購入しました。
    P1030756.jpg

    千絵さん、花柄ブラウスをお買い上げ。


    P1030943.jpg

    わたしはようさんから緑のチェックパンツを譲り受けました!!大事にはきます。



    ようさんの作る物は、シンプルで飽きがこないのにちゃっかり可愛い。
    年代を問わない形や柄も人気の秘訣かもしれません。

    また、リメイクを取り入れたり、織物作家さんとコラボレーションしたり常に進化しています。

    最初にようさんの洋服を見たのは4年前、西荻のSTOREさんのアトリエでのファッションショーでした。(STOREさんは今では路面店をオープンされて海外でも活躍中です!!)

    ファッションショーは、その人の世界観が一番分かる気がします。




    そんなようさん、8月に東京で展示会をするそうです。

    8/20(金)〜8/22(日) 参宮橋近く tray

    気になる方は是非足を運んでみてくださいね!!




    動物や自然をイメージした繊細なアクセサリーを作る作家さんです。

    P1030816.jpg

    このかたは、松本の自然に魅せられ生活の拠点、活動を松本に移されたそうです。

    松本に行ってわたしもその理由が分かる気がしました。

    今回は、何も買えませんでしたが、リング、ネックレスを狙っています。



    L PACKエルパックさん。

    みずのばーを仕掛けたコーヒーのある風景を作るカフェユニットのお二人。

    不思議な事に、何も無い場所からひとが集う場を作り出されます。

    池上邸の蔵では期間限定で池上喫水社なるイベントもされていました(蔵の中にみずだしコーヒーの器具を設置し、時間をかけてコーヒー精製する、インスタレーション)



    このお二人の拠点は横浜で6/24〜7/4まであざみ野で開催される

    黄金町のアーティストたちに参加されるそうです。



    望月優美さん キャンドル作家

    P1030827.jpg

    P1030828.jpg


    ディスプレー、ラッピングまで手を抜かない彼女の姿勢に脱帽しました。





    P1030930.jpg
    カメラマンのモモちゃんです。先ほど紹介したSTOREのロゴを考えたのはモモちゃんだったりします。


    学生時代から、モモちゃんの作品はどれをとっても素敵でどんな脳みそ持ってるのかな?
    彼女のような作品を作ってみたいな〜と、常に感化されていました。

    モモちゃんはグラフィックセンス、イラストもすごく旨く、わたしはてっきりデザイナーになると思っていました。

    カメラマンになったのは意外だな、と最初は思っていましたがモモちゃんの写真はやっぱりすごかった。

    色が綺麗で、澄んでいて空気の流れを感じます。

    今までして来た事が生かされているんだな〜と思いました。


    工芸の五月の冊子やブログの写真は全てモモちゃん撮影によるものです。
    良かったら覗いてみてください。





    他にもガラス作家の方、陶器など気になる人はいたのですが名刺など頂くのを忘れてしまい紹介でいなくて残念。

    来年もまた松本へ!!







    松本クラフトフェア(水と自然と工芸と...)

    • 2010.06.02 Wednesday
    • 22:48
    市内散策の中でいたる所でわき水が出ており、

    その水はまろやかで美味しくて、とっても澄んでいて、水を取り巻く美しい景観に私も、千絵もおそらく子供たちもかなり癒しを感じていました。

    喉が渇けば、すぐくんで飲めるしこんな贅沢ないですよね!!



    池上邸の湧き水
    P1030730.jpg


    中町の神社の湧き水
    P1030727.jpg

    P1030761.jpg



    中町の商店街の井戸
    P1030750.jpg



    これだけみずに恵まれた松本。

    工芸の五月と、さらに連動して みずのさんぽなるイベントも開催中でした。

    以下抜粋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    豊かなくらしは、日々みずみずしくあること。
    松本のまちには暮らしを楽しむ隠れた井戸・湧水・水路がたくさんあります。
    旅行社みずのさんぽは、ガイドつきツアーやお一人でも楽しめるさんぽ、
    みずのさんぽを楽しくしてくれるみずばの道具をお届けします。


    [旅行社みずのさんぽ]
    場所 松本市美術館1F 情報交流館
    日時 5月1日ー30日の内、土日 10:00ー17:00 


    *みずみずしい日常
    松本の水資源である井戸、湧水、水路をひとが集まる「暮らしのみずば」と捉え工芸・クラフトと結びつけることで、豊かな水のあり方、豊かな工芸・クラフトのあり方を提案しています。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    市内散策でそう言ったみずがテーマのイベントも色々あり、きっと子供が楽しいと思うよ!

    と連れて行ってもらった場所がありました。


    みずのバー

    P1030734.jpg


    P1030736.jpg

    P1030740.jpg


    これもみずのさんぽの企画の一環で L PACK(エルパック)とういうカフェユニットが企画していました。(期間限定で、池上邸の蔵で見ずだしコーヒーのインスタレーションもやっていたようです!!)



    わき水をパイプでつなげ

    水路をつくり、池を作っても荒れ地をちょっとだけ整備して。。。(端の方には野菜も植えてあった)

    大人も楽しめる秘密基地っといった感じです。

    近所のおじさんおばさんが、ちょっとおしゃべりだけしに来たり差し入れを持ってやって来たりいつの間にか集いの場と化し...

    コーヒーが彼らのテーマにあるのでもちろんコーヒーも楽しめます。



    リンタロウはこのみずのばーがとっても気に入りました!!



    池には沢山のアメンボがいて


    P1030745.jpg


    じっくり見ては捕まえたいと超真剣。

    P1030749.jpg

    P1030741.jpg


    何度も手を入れては捕まえようと頑張り、最初は旨く行かなかったのに

    とうとう捕獲。

    P1030742.jpg

    結局10匹程捕まえました(最終的には池へ戻しましたよ)


    P1030747.jpg



    P1030737.gif




    またまた散策を続けます。


    『箸置きがただでもらえるよ〜まだ残っていると良いけど...』



    モモちゃんが突如そんな事を言って案内してくれたん場所がありました。

    P1030874.jpg


    ・・・ただの古びた小屋だけど?(ここもおいしいお水が湧き出ている場所でした)




    近づいて良く見てみると

    P1030870.jpg


    あ、!本当に箸置きがあった!!

    (これもみずのさんぽの企画の一環)



    どうやらこの場所ですが所有者がおじいさんで管理出来なくなり取り壊しが決定している場所らしく、
    この水場を大切に思って、この水場の事を沢山の人の心に残してほしいと陶芸家の水垣千悦
    さんが箸置きを100個作り、水場に入れたそうです。



    P1030872.jpg

    この蛇口も水垣さんが作られたそうです。


    来た人が実際みずに手を入れ持って行く。ここにたどり着いた人だけ味わえる発見と喜び。


    みずを手で感じ心に記憶する。



    まさに、みずと日常と工芸が一体化している瞬間に出会えた感じがしました。














    続きを読む >>

    松本クラフトフェア(親は見て回るのに夢中)

    • 2010.06.02 Wednesday
    • 10:50
    松本クラフトフェアには初めて行きましたが、本当に楽しかったです。

    最高のロケーションなもんでテンションもあがるばかり。


    長野在住の作家さんはもちろん全国の作家さんが集結。



    それだけで刺激になり目の色変えて見て回りました。

    時々作品を見ていると作家さんが作品に込められた思いや、苦労話など嬉しそうに話してくださいました。こういった話を聞けるのも醍醐味です。。


    P1030838.jpg


    P1030842.jpg

    P1030828.jpg



    P1030821.jpg


    P1030854.jpg


    P1030823.jpg


    P1030837.jpg



    P1030820.jpg


    P1030795.jpg



    P1030788.jpg

    P1030790.jpg


    P1030816.jpg

    P1030799.jpg



    P1030789.jpg

    P1030831.jpg


    P1030830.jpg


    P1030845.jpg


    嬉しい出会いもありました。
    高校生の頃デッサンを教えてくれていた先生に遭遇出来ました。
    先生はガラス作家で現在金沢の工房にいらっしゃいます。

    約13年ぶりの再会でお互い家族を持ち、父、母になっている。
    不思議な感じがしました。






    さて、私が買ったもの

    キャンドル(アンティークのマドレーヌ方にのせてディスプレイしたら絶対可愛い!そんな目線で購入)

    IMG_2352.jpg

    鳥の箸置き(箸置きですが、フラワーベースと一緒に飾ったら可愛いな〜って思い購入。)

    IMG_2351.jpg

    箸置き(また箸置き)
    IMG_2348.jpg


    すり鉢(そのまま食卓にだしても可愛いすり鉢をずっと探していた所発見!!千絵ともお揃い...可愛いの好みが似るせいかおそりになる事が多い)

    IMG_2347.jpg

    糸(ラッピングや、オリジナル商品の素材に使えそう)
    IMG_2355.jpg


    麻糸あれこれ(麻と言っても沢山の種類がある!こんなに色々あるんだ〜と驚きながら使うというより多分飾りとして利用するでしょう)
    IMG_2357.jpg



    クラフトフェアは2日ですが、松本では市をあげて約1ヶ月間工芸の五月なるイベントが開催されていて、市内の色んな場所で企画展を見る事が出来ました。


    その中から、友人モモちゃんの案内で面白い企画展をいくつか見てきました。


    池上邸の蔵とお庭を利用しての企画展


    福光屋の草の庭カフェ
    P1030728.jpg

    福光屋サンの美味しいお酒、甘酒、酒粕アイスを金沢在中の作家三人の作った器、スプーンで食す事が出来る何とも贅沢なカフェなんです!!

    酒粕アイスが、とっても美味しいとモモちゃんから聞いていたので張り切って注文するも残り2つという事でアイスは、マリチャン、カホチャンに譲り(リンタロウは爆睡)

    P1030864.jpg

    私と千絵はほろ酔いセットなる物を注文

    P1030867.jpg

    P1030861.jpg
    吟醸酒加賀鷹と豆腐を味噌につけ込んだ豆腐味噌のセット。



    この味噌が滅茶苦茶美味しい!!豆腐が味噌で発酵してチーズみたいな風合いになってて癖になる味。
     
    この味噌をチビリと食べお酒を飲む。

    酒だけでももちろん美味しいのに、相乗効果でさらに旨味が際だっていました。。



    丹誠込めて作られた物のオンパレード。

    最高に贅沢な時間と空間でした。



    池上邸の蔵では

    水のカタチなる企画展

    金沢を拠点に活躍されている三人の作家さん

     岡田直人(磁器)
     艸田正樹(ガラス)
     竹俣勇壱(金属)
    さんたちの作品を生で見ることがでました。(草の庭カフェで使用している器たちの産みの親!!)

    繊細で、暖かみがあって、食べ物が引き立つ、3人の作品はまさにそんな感じでした。


    今は子供も小さいし、割れてもよかろう!って安い皿が多いわが家ですが、彼らの作品を通して、老後は絶対自分の好きな器を大切に大切に使って過ごしたい!と強く思ったのでありました。















    旅に出ていましたよ

    • 2010.06.01 Tuesday
    • 16:52
     5/29日〜5/31まで友人イラストレーター佐々木千絵と子供たちで2泊3日の旅に出ておりました。(今月は、旦那より千絵といる時間が多いのでは?と思うくらい密だったな)









    場所は松本。


    何故に松本か?

    松本にはモモちゃんという、私の大好きな大好きな友人がいて、

    その友人モモちゃんから、松本のクラフトフェアの面白さを聞いており、機会があったら観光がてら遊びにおいでよ〜と声をかけてもらっていました。

    且つ


    私も友人佐々木千絵もクラフトフェアに以前より興味がありいつか行きたいね〜なんて数年前から話に出ていました。



    いつもは話だけで終わる所、二人ののスケジュール、気分、子供の状態などがぴったりあい即決。

    行っちゃおう!って事になりました。


    決断すると行動の早い千絵と私。



    モモちゃんにも連絡を取って1日はモモちゃん宅へお邪魔させて頂く事にしました。

    詳しくは改めますね〜〜



    一言、こころの洗濯になりました。



























    ベトナム最終日〜笑顔いっぱい

    • 2009.08.24 Monday
    • 14:19
     早いものでベトナム最終日。


    昨日はぐっすり早く寝たのでリンタロウも機嫌良く。

    色々あったが、マッサージのおかげで足もすっきりな二人。

    3人揃って最後の朝食へ。


    お決まりのフォー(本日は牛肉いり)



    おかずあれこれ



    せっかくだからと色々とるもフォーだけで十分。


    リンタロウはフルーツとパンを少しのみ。



    ホテルのごはんで一番美味しかったのはフォー。そしてコーヒーだった。















    さて、本日はどうするか?


    もう一度ビンタン市場とチョロンに行きたかったけど、リンタロウの楽しみを何も作ってあげてない。


    リンタロウが楽しめる物は無いか?


    考えてプールに行く事に決定。


    ホテルからタクシーで97000bnd。


    何とも良いドライバーさんで腰が低い人だった。昨日の今日でこんなに違うのかとなんだか気分が良くなって自分からチップをはずんだ。


    着いた先はこちら









    ダンセン ウォーターパーク。





    リンタロウもプールには入れると大喜び。




    思わぬ災難。





    さて、お金を払って入ろうと思った。

    入場料は大人90000vnd。リンタロウは無料。


    財布を見ると数千ドンしか無い。

    旅の最終日という事もありドンを使い切り残っても両替できるドルを残していた。


    入場料をドルで払いたいというも駄目。


    隣のスーパーで両替しなさいと言われいくも、両替は出来ないと。


    どれだけお願いしても駄目な物は駄目。


    スーパーの中の貴金属屋さんや、食堂に行ってお願いするも駄目。


    また、入場券売り場へ戻ってお願いしてみる。


    やっぱり駄目。


    困って立ち往生する事数十分。


    警備の人、ちょっと偉そうな男の人、英語が出来る女の人とまわりに寄ってくる。



    ドンがこれしか無い(お金を見せる)


    だから、ドルで入りたい、もしくは誰かドンに両替して!!


    とドルを出して懇願。



    みんな、スーパーへ行ってこいという。



    ・・・・だから、出来ないんだって!


    旦那日本語で言う。

    英語もあまり通じてない人たちに向かって日本語って。ないでしょ。。。。


    笑えてくる私。


    こうしてるうちに時間もどんどん過ぎるから、一度タクシーで戻る手も考えた。


    でも、リンタロウが嫌だと動かない。






    ホントに困る。


    私は周りで両替してくれそうな所を探す。


    道路をわたって500mくらい離れた所に旅行会社(チケット取り扱っていそうな会社)を発見した。





    ここならいけるかも?



    と思って必死で英語でお願いした。


    最初は困っていたけれど、何度もお願いして見事ドンに両替成功!!!!



    心からやったー!!!!と叫んだ。





    やっと入場券も購入でき、中に入れた。




    楽しむリンタロウ。


    子供用プール

    大きい滑り台は身長制限などあって滑る事は出来ないが十分楽しい。



    水圧が痛いくらい強い。


    それを楽しむリンタロウ(電車になってくるくるまわっている)










    流れるプールや、波のプール.滑り台もあって楽しい!!


    浮き輪を持って行かなかったけどプール内に自由に使える物があった。



    大きい滑り台も、大人と一緒なら子供もOKの物があり何回もやった。



    最終日にずっと笑顔のリンタロウ。


    来て良かった!!入れて良かった!!



    昼はフードコートでフォー。



    感じのいいお兄さんで、注文を指さしでお願いしているとひとつひとつ、ベトナム語の発音を教えてくれた。


    リピート!!


    と言われ何度か発音。

    違うと、NOと言ってもう一度手本を見せ、またリピート!!


    旅の醍醐味ですな〜〜〜と旦那。


    旅に来て何度聞いた事か、このフレーズ。



    3人とも楽しんでいるから終始笑顔,結局15時過ぎまで遊び続けた。





    帰りのタクシーで爆睡になったリンタロウ。


    部屋に戻っても寝ていた。私も疲れて寝てしまう。



    旦那一人で買い物に行く。


    まだ、買っていないお土産を買おうと寝てる間に行ったらしい。



    起きると、旦那は沢山Tシャツを持っていた。



    道ばたの売り子さんから安く買ったよ!と自慢げ。


    どうやって交渉したんだろ?


    気になるな。。。。



    リンタロウも目が覚めたので、少し3人で最後の買い物を楽しもうとまた外に行った。





    旦那の交渉術を見る。


    後,数枚、Tシャツを買う事になり旦那が買った人からまた買おうと思いその人の所へ行った。


    旦那に任せる。



    第一声。


    こんばんは!また来ました〜〜〜〜。






    うわ、日本語だ。





    ずっと様子を見ていたが、NOくらいは言っていたけどずっと日本語。



    確かに、日本語を片言ながら話、言う事も多少理解してた人だったけど.ずっと日本語で話し続ける旦那には脱帽だった。





    最後の晩餐へ


    続きを読む >>

    べトナム4日目〜チップの存在に困惑

    • 2009.08.24 Monday
    • 12:07
    4日目。

    ダンディン市場へ行く。

    先に行った、ベンタイン、ビンタン市場に比べ規模が小さく密集感がある。

    私は気にならなかったが、旦那は、ここの匂いが一番だめだ!と言っていた。

    だめな原因はこれ。魚や、肉の匂い。

    食用カエルも。

    リンタロウはこれに食いつきよく、ずっと見ていた。




    密集しているので匂いがこもるのかもしれない。





    キッチュな食器や日用品が多いと載っていたので楽しみに行った割にあんまりお目当ての物は無かった。
     


    結局何処の市場も同じような物が大半で中に、ぐっと来る物を探し出して行くのが市場の醍醐味。


    ここでは洗濯もの入れにいようかな?と、どでかいカバンを購入


    だけど、旦那に洗濯もの入れあるのにどうすんの?と突っ込まれ。


    大きいが故に帰りの荷物が増え、邪魔になった(家に到着後も置き場に困っている)



    この日は特に暑く感じ、早々にリンタロウバテはじめ、1時間程で帰る事にした。


    タクシーを捕まえ乗車。


    何とも人に良いドライバー。

    リンタロウをなでたり、終止笑顔で笑ったり。


    良いドライバーに巡り会ったぞ!!






    と思ったら....










    行きのタクシー代金よりも10000bnd高い。


    しかもホテルではなくビンタイン市場でおろしてもらったから少し安いくらいのはず。


    34000vndと言われ、54000vnd払う。



    すると豹変。




    おつりは渡さないという。



    下さいと何度かお願いするも堪えはNO!!


    チップ?と、聞くと、

    まっ、そういう事!!!!といった感じにうなずき、手であっち行けのしぐさ。





    本当に、むかつく!!!




    ベトナムに来て初めて嫌なドライバーに出会った。


    旦那はやっぱり、これぞ旅の醍醐味ですぞ〜と。


    あんた、お金払ったり、行き先伝えたり、やり取りしてないから人ごとなんでしょ!!

    と旦那にも腹が立つが、気を取り直し、昼ご飯へ向かった。




    本日はここ。コムバカ



    行った時は閉店間際で途中シャッター閉められたけど、ごはんは食べさせてくれた。




    青菜のスープ チキンとジャガイモのカレー。
    空芯菜の炒め物 豚の生姜煮 ごはん。


    日本食っぽい味付け。全部で70000bndほど。

    安くて美味しい。


    リンタロウも自分から食べた。


    ベトナムに来て初のこと!!




    カレーが気に入った様子(辛くない)




    その後歩いてまたぶらぶら。



    旅行会社から、ファニーのアイスの」無料チケットをもらっていたので途中立ち寄る。






    お洒落な外観。


    注文したのはこちら。




    奥のは下にコーヒーがあ入っていて上にアイスと生クリーム。


    苦いコーヒーとアイスを食べるとすっごく美味しかった。


    コーンに入ったアイスはフルーツアイス。


    一緒にフルーツも沢山入って美味しかった。








    ちょっと休憩にいったんホテル。


    リンタロウをお昼寝させて、また行動。


    よくよく考えると、ベトナムの建築物を楽しんでいないので中央郵便局や聖マリア教会など見に行った。


    中央郵便局




    中も素敵




    聖マリア教会





    窓枠が何とも良い。


    もう疲れたよ。。。




    どの写真もリンタロウは疲れた顔。


    明日もあるし、ホテルに戻る。


    4日目にして、私も旦那も暑さと暴飲暴食にやられだし、全くお腹がすかない。


    美味しく飲んでいた333も飲めなくなって来た。


    (と言いますけど、ケースで買った333は残り10本程に。私の場合暴飲過ぎた)



    夜はどうするか


    と悩んで、日本食のお店に行った。

    私はベトナム料理が大好きで、せっかくなのにベトナムで日本食は???と思っていたけど、

    リンタロウはホントに駄目なようで実際あまり食べずジュースばかりだった。

    日本食なら食べてくれるかな??







    続きを読む >>

    ベトナム3日目〜ビンタイン市場とサイゴン川クルーズ

    • 2009.08.22 Saturday
    • 12:03
     3日目のベトナム。

    夜泣きが酷くぐっすり眠れない私は朝も早くに目が覚めて。

    これと言ってやる事も無いので、寝ぼけ眼のの旦那を起こし朝ご飯を食べにレストランへ。

    AM6:00。(6時からレストランが始まる)

    リンタロウはぐっすり寝ているので起こさず二人で言った。


    朝ご飯

    シーフードヌードル(フォーではなかった。美味しいけどフォーが食べたかったので残念)



    ほうれんそーソテーと,ソーセージの炒め物

    これと言って普通のお味。


    卵チャーハン、肉じゃがっぽいもの、チンゲンサイいため



    中国人の滞在者が多いようで,どことなく中華よりの朝ご飯。

    ヌードルはおいしく完食。

    他は、一口食べて残りを旦那へ。


    最後にお願いして出してもらうアイスコーヒーが美味しかった。



    のんびり食べていたのでリンタロウが気になり,バナナ、パンケーキ、プリンをカバンに忍ばせて部屋へ戻った。








    リンタロウ裸にトイレットペーパー。


    どうも旦那が持参した携帯目覚ましの音に起こされてしまい、トイレに行こうと思ったら我慢できず漏らす。

    絶対ママに怒られると思い,証拠隠滅をはかろうとしていた疑い。


    戸をあけ私の顔を見た瞬間,ごめんなさい。


    泣きそうな声にギュッとしてあげた。


    一緒に着替えをしてると,ママがいないからこんな事になったんだよ。

    しっかりしなさい。



    ???どっちが悪いんだっけ?と思うも様子が可愛いので言わせておく。


    みんなの準備が整ったのでタクシーでビンタイン市場へ向かう。

    車中ご機嫌なリンタロウ。


    ビンタイン市場までは74000VND(4ドルくらい)


    こちらもバイクが沢山。

    タクシーや車はあんまり見かけない。

    帰りがちょっと心配(タクシー捕まるかな??)


    中に入る。


    もの、もの,もので埋め尽くされている。

    正面入り口から入って中心は階段になっていて,市場の作りや雰囲気はビンタイン市場より好きだった。

    ベンタイン市場程日本人だからと,自ら近寄ってくる事も無く。

    歩いていても邪魔だと、おいおいおいおい〜〜

    と威勢のいい声で言われたりした。


    カラフルなシロップ付け。見た目は可愛いけど絶対食べたくない。

    カラフルなボールやザル


    アルミ製品 コーヒーフィルターや鍋、カップなど見てるだけでわくわくした。


    全く話しかけられないと,それはそれで困る。


    買いたいけど,声にかけるタイミングがわからない。

    ガイドブックのにある文面をローマ字読みするも発音違うらしく相手にされない。

    本を見せても知らん。


    といった感じ。


    英語で話しかけると,分かってくれる人とそうで無い人もいて。


    その中でも比較的愛想よく対応してくれたお店でアルミカップを数種類、行楽用のお弁当箱を購入。

    30000VNDくらいはおまけしてもらった。


    布も沢山



    漫画本も,,,う〜〜ン,これは本物か?



    サンダル屋さんでオーダーメイドで作る。


    ガイドブックに載っていたこのお店。

    家族経営っぽく,父、母がサンダルを作り,息子が売り子と言った所か?!

    3人とも寡黙。

    サンダルを作りたいというと、おもむろに木型を取り出し,ベルトもこれでどうだ〜!

    といった感じに勝手に作ろうとするので、最初はどうしようかと思った。

    しばらく交渉して行くうちに、勝手にしろ!!(俺のセンスなめんなよと思ってたかな?)

    となったので,自分の好きなようにオーダー。


    といっても,シンプルなものを作りたかったけど,そういうのは無くキラビやかなものにした。


    選んだ後はベルトの鋲打を二人がやってくれる。

    私が作ったのはこれ

    旦那とリンタロウにも作った

    旦那サイズは在庫が無くて,ひとつ出来上がっているサンダルを壊してまで作った。


    良いたびの思い出。


    ちょっと休憩。



    市場内のドリンクスタンドのような所で333を飲む。




    トイレにカルチャーショック。


    トイレに行きたくなった私。

    市場内にトイレを探す。

    トイレは何処?と訪ねると,指だけあっち↑ のように指してくれてその方向へ行ってみた。


    見つかり中に入って行くと手を洗っていた人にエクスキューズミーとまた指差し↑


    そちらを見るとおばさんがお金!お金!と手を出していた。


    トイレするのに1000VND

    支払い再びトイレ。










    っっっっっって,ここがトイレ?






    扉のあるトイレは5つぐらい。

    何処も満席。(一応あけてみたら,しゃがみ込みう○○中。しつれいしました!!)

    焦って,キョロキョロ見回すと,身振り手振りで色んな人からそこに座って出しなさい!!

    的な仕草をしている。



    それどもキョロキョロしてると、一人のおばさん目の前にシャガンで用をたしはじめた。

    それで,私にもしなさいジェスチャー。





    そうなのか。。。

    覚悟を決めだす。





    終わった後は貯めてある水を桶ですくい流す。


    って,床は結構水浸しで,それが水か?尿か?分からない感じで。





    大便はしきりの中で小便は外でするのか?

    本当はしきりの中がれっきとしたトイレで、みんな我慢できないから外でしちゃうのか?


    どちらかは分からないけど、なんとも衝撃だった。


    (しきりの中も穴がひとつあるだけだった)




    ビンタイン市場には包材も沢山あると聞いていたので探すも、私が欲しいものはあまり無く、一通り市場内を見てフィニッシュ。

    ビンタイン市場を後に,周りの問屋街を散歩。





    問屋街に紙問屋の集まる区域があり,実はそこに一番行きたかった。




    なのですが。。。

    ちょっとしか見つけられず。しかも見たのは市場内同様の感じで。

    じっくり,ゆっくり,見たいけど,出ました!リンタロウの帰りたいコール。


    これが始まるともう買物どころではないのでタクシー見つけてホテルへ戻った。



    ホテルについて,リンタロウをプールで遊ばせる。



    疲れて2時間程眠る。



    その後、ドンコイ通り,パスター通りなど散歩してお買い物。


    3日目にもなれば,道、通りも覚え何処に何があるか分かるようになって来た。

    リンタロウも夕方くらいからやっと慣れはじめホテル周辺は抱っこしないでも歩くようになった。





    夜はどうしようか???





    旦那に相談するも,どうしようね〜

    何が良いかな〜〜


    そうだな〜〜〜



    と,肝心な意見はもらえないので,独断でリンタロウが喜びそうなサイゴン側クルーズに決定。


    タウンベンゲー号に乗船






    続きを読む >>

    ベトナム2日目〜2日連続夜泣きに母泣く。

    • 2009.08.21 Friday
    • 14:01
     15日、ベトナム2日目。

    歩いてビンタイン市場まで行く。

    リンタロウ、バイクの多さに怖い怖いと身体をすくませ,旦那がずっと抱っこで歩く。

    10分程度で到着。



    中は色んなものがあって面白い。






    じっくり,ゆっくり見たいけど、日本人慣れしたした市場の人たち。

    首根っこつかまれて,こちら見て下さい!!と流暢な日本語を話したり、手首をつかまれこれ飼って下さいと言われたり。


    一気に尻込み気味に。

    それでもゆっくり市場の中を見て回り、ちょこっと買い物した。


    市場内には手軽にネイルが出来るとガイドブックで見ていたので,来る前からやってみようと思っていた私。


    その場に向かっている途中,勧誘にあう。


    お姉さんネイルやらない??


    一度は断るもやって見たいと思っていたのでその人にお願いする。







    何故気がつかぬ私。



    ネイルをするのに市場の外の隅っこに椅子を置きネイル開始。


    手だけで良いと言ったのに,足まで塗られ,最初は3ドルと言っていたのに、、、

    足も塗っているから5ドル。と言われる。


    当初この手で3ドルよ!!(ネイルアートもしてある手を見せて言っていた)

    の言葉にやろうと思ったのに、既に5ドル請求される。


    ネイルアートはしないか?


    と言われ,また別途25万vnd必要という。


    渋っているとおまけに足はサービスで描いてあげると言って,結局22万vndでやってもらう。




    自分でお願いしたし、市場の外の片隅に椅子を置かれ座った瞬間、ボラレタ。


    と思っていたので開き直ってやってもらっていた。


    そもそも最初ドルで金額言って次はドンで言うなんておかしくないか??


    とも思っていた。



    空港に迎えに来てくれたガイドのフォアンさんが上手に日本語話すベトナム人、危ない。

    自分で考えて下さい。いい人沢山いるけど悪い人も一杯。


    と言っていた事をおもいだす。


    ホントだ。



    実際市場でネイルは10ドル以下でネイルアート込みで出来るらしい。


    わたしは約倍支払った。


    まあ,可愛いし日本でやるより断然安いからいいか。

    と自分を励ました。

    落ち着きの無いリンタロウにコーラとお菓子もくれたから、まあ旅の醍醐味を味わったなと思った。



    10分で終わると言ったネイルも結局30分くらいはかかり,リンタロウも既にお家に帰ろうといっていたので、ホテルへ戻る。



    歩きながら,何かイイモノ無いか?物色。


    レロイ通りは文具屋さんが沢山あったので後日こようとチェックした。



    ホテルに戻ってリンタロウのご機嫌取り。



    ホテルのプールで遊ぶ。




    やっと笑顔になる。

    ほっとする。



    小さいながらもきれいなプール。

    水遊び程度なので十分な広さだった。

    何より気持ちがよかった。



    ランチはpho24で,フォーを食べた。

    ガイドブックにも載っていたお店。

    まさかまさかのぼったくり発覚。


    注文したのはフォーと飲み物,揚げ春巻きのセット、フォーとデザート飲み物のセット,ビール2本とジュースだけ。


    なのに,お会計の伝票を見てビックリ。


    頼んでいない揚げパン、フォーと飲み物、揚げ春巻きセットが追加されていた。

    後分からないものが2点あって,これはおしぼりで,ベトナムではおしぼりもお金が必要らしく,じゃあ要らないし。

    と,本気で怒ってしまった私。

    追加の分に関しては腹が立ったので英語で支払えない,頼んでないと抗議。


    その分はひいてくれた。

    セットの飲み物が1つ出てこなかった事もいらだっていたけど,お気楽な旦那。

    まあ,追加分が取り消しされたから良いじゃないか。

    と一言。


    そうなんだけど、いらついた気持ちはそう簡単におさまらない!!ってもんでしょ。

    ネイルでもボラレているからなおさらで。。。


    イライラしたまま,ドンコイ通りを散策。


    滞在中のホテル近くにTNKとラベル(現地ツアーのデスク)があり立ち寄った。

    日本人のスタッフがいたので、PHO24であった事を聞いてみる。


    日本人だとよくあるんですよね。といわれ、

    ベトナムのスタッフさんは,すみません,すみませんとかわりに謝ってくれた感じに。

    ベトナム楽しんで下さいね。


    と一言頂いた。ちょっと気分落ち着いたわたし。


    旦那は,これが旅の醍醐味ですよ〜〜


    といつまでもお気楽。このぐらいが良いんだわ。きっと。



    いったんホテルに戻り,タクシーに乗ってCOOP MARTEへ行く。

    ベトナムのスーパーで,食材や調味料、滞在中飲むだろうビール333をケース買った。






    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    WEB SHOP by sayasans

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM